2017年2月28日 (火)

さようなら『eoブログ』

残すところあと1か月を前に、livedoorブログに引っ越すことになりました。多くのブログ友達ができ、実際にお付き合いの始まった方々もおられます。

Eo

またいつの日か、WEB上でお会いできることを楽しみにしています。

Eo_2

新天地のURLは・・・・

http://blog.livedoor.jp/kufuujyukuniwa/

になります。引っ越し先の生活に慣れないため、写真がはみ出していたりデザインがつまらないですが、少しづつ良くしていきます。お時間のある時にでもまた足を運んでください。

3年7か月、本当に長い間お世話になりました。

ありがとうございました。

2017年2月 9日 (木)

寒空の『伊賀上野から月ヶ瀬梅林』サイクリング

小学生の頃親に連れられて、その当時爺ちゃん婆ちゃんが住んでた伊賀上野にやって来た。

Rimg6278 

今回の相棒は、ダンティー日名さん、自転車もダンディー『DAHON DASH ALTENA』です。普通はゴツゴツとした感じになるんだけど、とても折りたたみとは思えない美しいフレームです。ではJR伊賀上野を出発です!

Rimg6283

伊賀上野城を中心に、見どころ満載です。

Rimg6285

まずは藤堂藩藩校、崇廣堂です。

Rimg6286 

ここから先は、入館料が要ります。

Rimg6289_2

旧小田小学校です。

Rimg6296

算盤・分度器・三角定規・・・・、昭和30年代の難波小学校みたいだ。

Rimg6301

明治の初期は、西洋建築を取り入れた学校が、たくさん建てられた。1月に行った松本の開智学校も、この間お邪魔した京都の有済小学校も、みんな塔があった。ここを登れば、塔に揚がれるのかもしれない。

Rimg6306

明治には、DAHONとダンディーがよく似合う・・・。

Rimg6312

何を見てるの・・・?石垣以外は偽物なので、パスしましょう。

Rimg6314 

では次に行きましょう。

Rimg6321

日米開戦の後、伊賀上野ではこんな立派なものが、建てられたんだ。流石俳聖殿、松尾芭蕉!

Rimg6324

忍者屋敷はパスしたけれど、これは面白い!

Rimg6327

ここに来れば、屋根の上も走れますよ。

Rimg6329

伊賀牛の肉うどんは水曜日が定休日、仕方がないので伊賀牛ラーメンで頂きます。

Rimg6331

『古里や臍のをに泣くとしのくれ』 芭蕉の生家です。

Rimg6334

大きな生家です。俳人でもないので、ここも塀の外から鑑賞しましょう。

Rimg6339

上野天神宮で、この旅の安全をお願いしましょう。

Rimg6353

蓑虫庵、塀の向こうは・・・・

Rimg6350

・・・、どうなってるのかな?

Rimg6352

こんな感じです。

Rimg6362

さあ伊賀上野観光はここまで、月ヶ瀬に向かってサイクリングです。

Rimg6355

まだ梅は早いかな・・・?

Rimg6364

何ていう花だった、日名さん?

Rimg6366

やってきました、一目八景・帆浦天神梅林へ向かいます。

Rimg6368

一景目・・・。高山ダム湖です。

Rimg6369

樹齢200年だって・・・、『城州城』ホントかな?

Rimg6371

大正10年頃の『内務省』のお達しです。『・・・愛護につとめませう』『・・・傷つけてはなりませぬ・・・』ですよ!

Rimg6378

ようやく、咲いている梅発見です。

Rimg6382triming

後は、『梅まつり』の幟ばかりなり。

Rimg6385

もう笑うしかないぐらい、つづら折れの急勾配。

Rimg6389

逆から来なくて良かったね。

Rimg6392

高山ダム湖まで、もう少しです。

Rimg6395triming

斜面のつづら折れ、見えますか・・・?暗峠も、びっくりです。

Rimg6401triming

八幡橋上、車なんか全然来ないので安心してたら、突然軽自動がやって来た。慌てて逃げたら、道路に置いたカメラを忘れてた。

Rimg6404

さあ、そろそろ戻りましょう。

Rimg6407

もうすぐ4時、JR大河原駅で輪行の準備をしなくては・・・。

Rimg6411

散らかし放題の駅構内。4時20分、急げ急げ、加茂行に乗ります。

Rimg6412

DAHONは早いなぁ・・・、5分で終わる。Caracle-sは、折りたたみが3か所で自家製輪行台車に乗せ終わるまで10分!

Rimg6414 

加茂行、到着です。走行距離40㎞、サイクリング無事終了です。お疲れ様でした。

2017年2月 6日 (月)

再び『山の辺の道』を走る!

昨年9月に続き、天理市役所産業振興課の方と、再び山の辺の道を走った。

Rimg5989

無謀にも輪行初心者3名と一緒に、JR奈良駅で出発準備完了・・・、ではありません。

Rimg5992

自走でここまでやって来た猛者も猿沢の池五十二階段下に合流して、簡単な自己紹介の後、山の辺の道サイクリング第二弾の始まりです。

Rimg5998

今日は、天理市櫟本(いちのもと)校区の、はにわ祭りの日。小学生が、近くの神社の説明をしてくれた。

Rimg6000

凄い行列の『ナカニシピーナッツ』のお店、時間が無いのでピーナッツの前ではい『パチリ・・・!』

Rimg6004

創立140周年をとうに過ぎた、櫟本小学校にやって来た。

Rimg6008

スポーツバイクは人気者、サイクルピクニックで作ったバイクスタンドが、活躍しています。

Rimg6005

搗きたてのお餅も頂いて、美味しかったご馳走様!

Rimg6009

今日はママチャリではありません、天理市役所産業振興課の米田さん。相変わらずの健脚です。

Rimg6011

今回のハイライト、石上神宮です。

Rimg6020

なんと神社の方が、境内を案内してくださった。凄い待遇です・・・!

Rimg6026

私を除いて、みんな勉強熱心です。

Rimg6028

高野山みたいだ。

Rimg6033

きっと、繊細な宮大工の棟梁が手掛けたんだ。

Rimg6035

お掃除するときは、このデッカイ木栓を抜くんだろうね。

Rimg6040

神社仏閣仕様のバイクラック。場所場所によって、バイクラックも様々です。

Rimg6042

連れて帰って、食っちゃ駄目だよ井上さん。

Rimg6047

さあ、お昼ご飯にしましょう。赤いゼブラは、私の手袋・・・!

Rimg6051

『うちの畑で採れました・・・・』、珍しい野菜で、ランチです。

Rimg6055

野菜を説明してくれたんだけど、珍しい以外は覚えてません。でも、美味しかったよ!

Rimg6058

ご馳走様でした!

Rimg6060

昨秋には、稲が干してありました・・・?バンブーバイクラックです。

Rimg6062

ひんやりとした空気の中、素晴らし山の辺の道サイクリング。

Rimg6066triming

笑顔が止まらない、サイクリング初めて渡辺さん!

Rimg6070

裏道もなんのその・・・・。

Rimg6071

平和な日本、無人直売所です。

Rimg6074

残念ながら、柿はありません。

Rimg6073

今日は女房殿の誕生日。300円の切り餅で、自転車で遊び呆けてる旦那をくっつけられるか?

Rimg6080

今回も、お土産付です。ありがとうございました、米田さん。

Rimg6077

ここからさらに龍王山に登ると、奈良盆地が一望できるそうです。左は金剛山、中央は二条山、そして右手は信貴山方面です。自転車は、輪行仕様CARACLE-S!

Rimg6081

旨いなぁ・・・、この粒餡とトロッと柔らかな草餅!

Rimg6085

2時半を廻った、そろそろ帰路につきましょう。

Rimg6086

前回も立ち寄った『大和神社』です。

Rimg6087

丹波市町市場後を潜って・・・・

Rimg6096 

・・・・、北へ向かいます。

Rimg6097

昔ここは大阪府だったのかな?『大阪府奈良警察署櫟本分署跡』をちらっと見て・・・・

Rimg6102

・・・・、今も現役木造駅舎の『JR櫟本駅』です。

Rimg6107

はい皆さん、お疲れ様でした。怪我も無くトラブルも無く、天理市役所の皆さん、ありがとうございました。また遊びに来ます。

Rimg6108

輪行の準備をして気が付いたら、別のグループも同じところで始めてた。

Rimg6109

大阪輪行組、お疲れ様でした。今回も楽しかったね。下田さんは近鉄輪行!それじゃあまた一緒に走りましょう。

Rimg6111

JR・阪急と乗り継いで我が家に向かいます。だいぶ使いやすくなったけれど、もう少し改善してみよう、自家製輪行台車!

Rimg6194

今回の走行距離約40㎞、平均速度15㎞/h、走行時間2時間40分でした。

2017年1月25日 (水)

箕面山系『雪景色』一挙公開です。

このところ、あまり雪の降らなかった箕面のお山、この冬は雪景色を堪能できました。まだこの先降るかもしれないけれど、まずは素晴らしい雪景色をお楽しみください。

Rimg5205

1月15日、今回の雪は、三女の莉子が作った、こんな雪だるまから始まった。

Rimg5201

莉子に似て、なかなかベッピンさんだね。

Rimg5186

我が家の庭にこんなに積ったんなら、きっと箕面のお山は素敵かもしれない。さっそく出かけてみましょう。

Rimg5209

さて翌日の6時45分、箕面の滝道です。

Rimg5213

こりゃあ綺麗だ、秋の紅葉よりずっといいね!ここまで来たら、もっと先に進んでみたくなるのは、当然の成り行きでしょう。

Rimg5218

滝壺からジグザグの道を押し上げて、ドライブウエイまでやって来た。高山分岐は、もうご覧の通りです。

Rimg5220

7時40分、何とか勝尾寺到着です。

Rimg5229

もう別世界やね・・・!

Rimg5237

上に朝日が射してきたけど・・・・・、

Rimg5235

下りは強烈に怖い。サドルを目いっぱい下げて、左足はトウクリップから抜いて、カヌーのアウトリガーの様にして下ります。

Rimg5241

何とか滝壺まで戻って来たけど、まだ人影はまばらです。

Rimg5253

これは、綺麗だわ!

Rimg5259

龍安寺も、雪化粧です。

Rimg5262

三年もじっとしてたら、凍え死んでしまうよ。

Rimg5287

さて1月18日、ドライブウエイが何とか走れたので上がってみたら、箕面大滝駐車場の先の登りは、一面の氷の板状態。歩くこともできないので断念、スゴスゴと引き返します。

Rimg5298

そのまま引き返すのも癪に障るので、ちょっとハイキングコースに入ってみた。

Rimg5301

ディレーラーのアームは、雪の中です。

Rimg5303

どんな四つ足が歩いたんだろうね・・・?

Rimg5309

可愛らしい、かまくら発見。子供が作ったのかな・・・?

Rimg5312

そろそろ帰りましょう。

Rimg5382

さて翌19日、こりもせずまた小径車で上がってきた。

Rimg5392

MTBの26インチで来ればよかった。やっぱり小径車は、轍に弱い。10mm程度の段差でも、一瞬にして落車する。

Rimg5389

林の中はこんな具合・・・、もう帰りましょう。

Rimg5413

1月20日、雪はまだ消えません。

Rimg5415

何でまた懲りもせず小径車で上がって来たのか・・・!

Rimg5416

実は、ハンドルバーのクイックリリースを、ボルト止めに変更した効果を確かめたかった。

Rimg5420

あぁ・・・、怖いよ~!

Rimg5439

21日、今日はもう勝尾寺には上がりません。滝壺の雪は、すっかり消えてしまった。

Rimg5627

1月24日、また昨夜雪が降った。滝道もご覧の通りです。

Rimg5634

今日はちょっと思う所があって、再びMTBで上がってきた。流石MTB、滝壺まで走って上がれる。

Rimg5642

再びドライブウエイまで押し上げて・・・・・、ミラーに映る私をご覧ください。完全武装です。

Rimg5644

そう・・・!今日めざすのは勝尾寺ではなく、ヒルクライムの激坂expo90峠です。

Rimg5649

箕面川ダムからしばらくは走れたけれど、その先の激坂はもう大変・・・・、自転車を押し上げるだけで、額から汗が流れます。

Rimg5652

ようやくたどり着いた、expo90峠みのお記念の森です。

Rimg5653

さあ、中に入ってみましょう。

Rimg5655

ヒョロヒョロ・フラフラフラフラ・・・・、

Rimg5656

でも、もうここが限界です。後は歩け歩け・・・!

Rimg5662

一番上にある、広場です。秋の紅葉の頃も、木々が真黄色になって、とても美しい所です。

Rimg5667

鹿避けの扉を押し開いて、更に進みます。ここに来たかったんです。

Rimg5675

階段を上って行くと・・・・

Rimg5671

素晴らしい景色が現れます。

Rimg5674

遠くに見えるのは、止々呂美から余野川方面かな?そろそろ帰りましょう。

Rimg5683

前輪をロックさせなければ、それなりに走れます。

Rimg5686

箕面川ダム辺りまで、落車なしに走ってきました。流石、MTB!でも、タイヤはセミスリックです。ブロックタイヤでも、そんなに変わらないような気もします。

Rimg5691

箕面の滝まで戻ってきたら、アマチュアカメラマンが三脚を据えてすごく高そうなカメラで雪景色を楽しんでいます。

Rimg5695

だいぶ滝道の雪も、融けてしまってます。

Rimg5699

音羽山荘まで来たら、何だかやってます。作業してる人に聞いてみたら、梁が腐ってしまったので、新しくするそうです。

Rimg5698

今日中に直るのかな・・・?

家に帰り付いたら10時前・・・、朝6時に出かけて4時間近くも遊んでた。『もうそろそろ警察か病院から、お宅のご主人がけがをされて・・・・、という電話に備えて着替えをしようと思ってましたよ・・・!』と、チクリとお仕置きされた、楽しい楽しい雪山サイクリングでした。この冬は、まだ雪は降るかな・・・?降ったらまた出かけよう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

CARACLE-S『輪行をもっと楽しく』する装置の開発!

昨年の5月に、待望の折りたたみ自転車がやって来て、輪行することがうんと増えた。でも一番の悩みは、10㎏の自転車を片方の肩で担いで歩く事・・・!10分も歩くと、肩が痛くて休まないといけない。

Rimg3113 

ロードバイクに比べると、随分とコンパクトになり、満員電車でもそれほど嫌な顔をされない。

Rimg4058

ところがメーカー純正の輪行キャリアは、どうも使い勝手が悪い。そこで思い切って、自分で輪行キャリアを作ってみることにした。

Rimg5348

まずは有り合せの9mmのべニアに、CARACLE-Sを置いてみた。

Rimg5349

タイヤの位置を決めるのは、小判型穴です。その分軽くなるし、突起が無いのが良い。

Rimg5352

次に、車輪(純正部品)とシートポストの固定具(純正部品)の位置を決めます。

Rimg5355

Uボルトで固定するために、車軸を凹加工します。

Rimg5357

こんな感じになります。

Rimg5358

車軸を、取り付けてみました。良い感じです。

Rimg5360

シートポストは傾いているので、それに合わせてテーパー座金をアルミの板から削りだします。傾斜は3/20ぐらいかな・・・?いい加減です。

Rimg5368

さてと、ラッシングベルトでギュッと締め付けてみました。

Rimg5375

早速コロコロしてみた。いい加減に作った割には、良い感じです。

Rimg5379

このままでは、素人ですね。セミプロを目指している身としては、もう少し工夫しましょう。

Rimg5393

強度的に不要な所を、切り取ってしまいます。当然重量軽減と、コンパクトを狙ってます。

Rimg5395

まあ、こんな物かな・・・?

Rimg5433

塗装をして、部品を組み付けて完成です。Uボルトのナットも袋ナットにしたかったけど、インチサイズの袋ナットが手元に無かった。

Rimg5451

自転車にとって、重量は重要です。何とか1㎏以内に納まりました。メデタシメデタシ・・・!

Rimg5474

Shimanoの26ℓに、ちゃんと納まります。これなら実用性はありそうと、大満足!さてお次は、実証実験です。

Rimg5567triming_2

銀輪亭倶楽部の住吉大社初詣で、自作・自信作、輪行装置デビューです。どうだ、良いでしょ。

Rimg5564

サドルの位置は、私には少し低くて前かがみになるけれど、ちょっと小柄な人にはちょうどいいかもしれない。

Rimg5583_2

さてこちらは、テックワンが開発中のキャリアです。私の輪行装置のライバルです!

Rimg5582_2

折りたたみ自転車輪行評価委員会の弁天小僧さんも、満足気です。

Rimg5589

中之島公会堂から梅田までゴロゴロ・ゴロゴロライバルと歩いて、桜井駅から家までゴロゴロ帰り着いた。最後に少しカタカタと変な音がするので点検してみたら・・・

Rimg5591

・・・・、車輪を止めているボルトが緩んでた。ロックタイトを塗って、しっかりと締め付けましょう。

Rimg5593

電車の床で『キュッ・キュッ・・・』と嫌な音を出していたのは、木製ストッパーでした。耐久性も無いようなので、ゴム製に変えてやりましょう。

Rimg5566

以上、CARACLE-S輪行装置の開発でした。

2017年2月5日追記

自転車の恩師のコメントに、この場をお借りして、現状のご報告です!

輪行でもJRの場合、結構厳しいんです。

Rimg3355

このポスターは、JR木津駅で昨年秋に撮影したものです。自転車は『収納カバーにすっぽり入れてくださいよ・・・』って、言ってます。そこで先日JR輪行の前に、我が輪行装置は進化を遂げたのです。

Rimg5813

純正のカバー下部にシートポストクランプとベルトを通す部分に『エイヤー・・・』とばかりに穴を開けて・・・・

Rimg5816

・・・・、折りたたんだ自転車をベルトで縛り付けます。

Rimg5819

そうしてカバーをガバッと被せると、ご覧の通りです。

Rimg5841

駅員さんが近づいてきたら、ファスナーを開いてサドルを隠してしまいましょう。

Rimg5986

という事で、旧正月石上神宮初詣は、無事終了となりました。

小雨降る『住吉大社初詣』も、良いもんだ!

先週の雪で延期になった住吉大社初詣、今回は雨です。でも若者その他一族郎党は、元気です。

Rimg5487 

豊中を出発して次の集合場所の中の島に着くころには、パラパラと雨が落ちてきた。

Rimg5490 

公会堂の南を通過した辺りで雨は本降りになり、みんなは庇の下に一時避難。雨の中で雨合羽を着る、変なおじさんも居ます。

Rimg5492

雨が降ったり止んだり薄日が差したりで、カメラを出す暇も無く阿倍野神社で一休みです。

Rimg5494

この辺りで生まれ育ったCMAの井上さんが、知られざる阿倍野・住吉界隈を案内してくれた。やっぱり地元民は、ありがたいですね。よそ者だけだったら、素通りしてしまっている。

Rimg5497

河内長野から北上してきた真希さんと、住吉大社で合流です。

Rimg5498

美味しい豆ご飯を食べようと廣田屋に行ったのに、団体さんが来るとかで断られ、お隣のお好み焼き『古々路』にお邪魔した。

Rimg5503

誰かが断面を見たいというので、『古々路焼』を切ってみた。なかなか旨いですよ。

Rimg5507

さて皆さん、いよいよ雨の住吉さん初詣ですよ。

Rimg5512

確か2年前のサイクリングでも少しだけ立ち寄ったけど、今回はゆっくりと参拝しましょう。

Rimg5519

住吉さんのパワースポット、『五』『大』『力』石守です。

Rimg5518

石を求めて、手がいっぱい伸びてきます。ここで納村サプライズ・・・・!

Rimg5525

ジャンケン大会が始まった。

Rimg5529

勝利したのは、藤田翁!

Rimg5532

景品は何と、さっきのパワースポットの『五』『大』『力』石守。でもこの話には落ちがあって、この後藤田翁のタイヤがパンク・・・!まあものは考えようで、事故に遭わずパンクで助かったと思えば、メデタシメデタシではありませんか・・・!

Rimg5533

さあ、そろそろ自転車に戻りましょう。でもちょっとその前に・・・・

Rimg5536

前回と同じところで、記念撮影です。

寒く疲れた時はちょっと甘いものを・・・、先着した真希さんが探しておいてくれたお店『縁起焼』です。

Rimg5542

米粉のお餅の中に、色々な餡がは入ってます。山口の名産だそうです。土産に5種類持ち帰ったけど、なかなか美味しかった。

Rimg5548

では次に行きましょう。

Rimg5549

建築設計士のお二人は、話が良く合います。世界的な建築家、安藤忠雄さんの設計した住吉の長屋です。なんだかよく分からない建物だけど、まるで海に沈めるケーソンの様です。

Rimg5552

お次は、太閤秀吉が住吉さんにお参りするときに立ち寄ったという、天下茶屋敷地跡です。

Rimg5558

さて、そろそろ帰りましょう。谷町筋・堺筋を北上して、サイクルピクニックでおなじみの本町通りの自転車レーンです。

Rimg5561

中之島公会堂、全員無事帰還です。初参加の福田修さん、如何でしたか?『いやぁ・・・、自転車がこんなに楽しいとは、目から鱗でしたわ・・・!』

Rimg5560

2号線を神戸に向かう仲間、京田辺に向かう仲間、そして豊中に向かう仲間、皆さんお疲れ様でした。また次にお会いするまで・・・!

Rimg5563

・・・・・・という事で、残ったのが奥河内三羽烏の、納村・山田そして私。折りたたみ自転車輪行評価委員の皆さんです。

Rimg5583

CARACLE-Sの(株)テック・ワンからお借りしたモニター用キャリアです。なかなかいい感じです。

Rimg5582

『なかなか良いやん・・・、これ!』と、輪行で悩んでいる弁天小僧。

Rimg5567triming

そして最後は、自家製輪行台車の私です。

Rimg5587

中之島公会堂からゴロゴロ・ゴロゴロ、地下鉄本町の入り口を探してたら、梅田まで来てしまった。真希さん、お疲れ様でした。それではまた、次の輪行でお会いしましょう。輪行評価委員会、お開きです。

Rimg5600

忘れてました、本日の雨中走行距離は、たったのこれだけでした。輪行は楽チン・・・!

2017年1月15日 (日)

毎年恒例『戸隠高原』に、仲間が大集結!

 

毎年恒例、何時もの仲間が何時もの所に集まって来た。でも今回はその前に・・・・

Rimg4951

初日はなんと、松本市内観光です。ゆっくりと歩いたことが無かったんだけど、色々な発見があった。真新しい三角柱の石碑が、目に留まった。確かに・・・、現在の松本市を代表する人達だ。

Rimg4948

『楽都:小沢征爾』 健康を取り戻されて良かった、一度生の演奏を聴いてみたい。

Rimg4950

『岳都:田部井淳子』 最後の最後まで山を愛して、登りつづけた。

Rimg4949

『学都:菅谷昭』 信州大学を去って、単身ベラルーシに渡って、多くの甲状腺がんの子供たちを救った。今は松本市の市長さん。

Rimg4952

四柱神社で、スキーと自転車の安全祈願です。

Rimg4961

随分昔に立ち寄ったことはあるけど・・・・

Rimg4957

・・・・、天守閣の中に入るのは初めてです。木組みもしっかりとしていて、なかなか見ごたえがあります。

Rimg4962

お城の裏側、旧開智学校です。明治の、美しい西洋建築が素晴らしい。

Rimg4965 

僕らの小学校・中学校も、こんな木の机と椅子だった。

Rimg4966

いいなぁ・・・、このランプ。

Rimg4971

2日目、池田町の宿から栂池高原にやって来た。先シーズンに続き、今年もひどい雪不足です。

Rimg4979

相棒の順ちゃんと・・・・

Rimg4974

・・・・・、松本市内観光の相棒、康子です。

Rimg4981

雪不足と言っても、まあここまで来れば問題は無し。しっかりとスキーを楽しめたね。

Rimg4994

3日目、雪不足の戸隠高原に入っても仕方がないので、先シーズン味を占めた積雪1.6mの、ここ赤倉温泉スキー場にやって来た。

Rimg4997

今日もお日さまが出て、いい天気です。

Rimg5001

アルペンの板を履いて、珍しいこけ方をするもんです。あまりに面白いのでもう少しそのまま見ていたかったけど、残念救出作業が始まった。

Rimg5003

素晴らしい青空が、広がります。

Rimg5006

やってきました『戸隠高原関学ワンゲル山小屋!』 さっそく今夜の食事を作りましょう。

Rimg5005

今夜のメインディッシュは、これだ・・・!

Rimg5011

『ハイ皆さん、手を合わせて・・・、頂きます!』

Rimg5012

4日目、この日は色々なことが起きました。

Rimg5013

なんとクロスカントリーの板を履くのは、おそらく43年ぶりかもしれない。

Rimg5021

スキー場に背を向けて、越水が原の林の中を散歩します。

Rimg5024

皆は食料や水や、色々な装備を背負ってるけど、私だけ空荷・・・、だって初心者だからね。

Rimg5025

可愛い絵が描かれてるけど、本物はこんなもんじゃあないに決まってる。

Rimg5029

大体、こんなところを歩いてた。

Rimg5032

何時もは、川なんか見えないぐらい、今年は雪不足です。

Rimg5033

氷の結晶があまりに綺麗なので撮影してたら、手袋を被せていたストックが、川の中に倒れた。

Rimg5040

順ちゃんが、初心者の私の為に、ラーメンを作ってくれた。

Rimg5041

頂きます、ありがとう・・・!

Rimg5045

さあ、そろそろ山小屋に戻りましょう。

Rimg5047

楽しい楽しい夕食の準備です。でもこの時、既に私の携帯電話は行方不明。あの雪原で、遭難したのでした。

Rimg5050

頂きます・・・・!

Rimg5049

皆で食べる夕食は、最高です!

Rimg5052

5日目最終日、みんなの捜索活動も徒労に終わり、携帯電話は雪の中。

Rimg5055

また来年、ここで会いましょう。皆さん、お元気でね!

Rimg5063

お世話になりました、『関学ワンゲル戸隠小屋』さん。

Rimg5066 

来シーズンは、氷柱が出来ないぐらいいっぱい積ってください。

Rimg5058_2

お嬢幹事さん、ありがとうございました。また来シーズン!

2016年12月31日 (土)

『パソコンテーブル』 今年最後の、木工教室作品です。

キャビネットとテレビ台を完成させて、いよいよ最後はパソコンテーブルに挑戦です。

Rimg2419

これが設計図です。色々と生徒さんと相談しながら、こんな格好になりました。

Rimg2400

テーブルの天板は18mm集成材を2枚貼りあわせて、重厚感を出しましょう。接着面積が広いので、木槌で衝撃を与えてさらにクランプを増し締めします。

Rimg2803

スライド丸鋸で、部材を切り出していきます。

Rimg2808

ビシッと、同じ長さに切り揃えます。

Rimg3399

丸鋸で切った面を、ベルトサンダーで仕上げていきます。

Rimg3413

材料を廻すのも、だいぶスムースになってきました。これが上手くできないと、じゃが芋の頭の様になります。

Rimg3418 

側板と横板との接合は、いつものビスケットジョイントです。

Rimg3423

仮組をしてみました。行けそうですね。

Rimg3596

接着剤を入れて、本組です。上手く行きました。

Rimg3954

いよいよ、下部の製作を始めます。引き出しがあったり裏板があったりと、複雑な加工が多くなります。

Rimg3960

引出の木製レールが入る溝です。丸鋸で掘って、鑿で仕上げます。

Rimg4199

下部の仮組をします。

Rimg4203

そして本組です。

Rimg4206

上部・下部が出来上がりました。ちょっと重ねてみましょう。良いですねェ・・・。

Rimg4346

ここで大変なことが発覚、下部のテーブルの高さが、110mmも高い。罫書きのミスです。ああだこうだと言っても仕方がない、裾を切り落としましょう。

Rimg4351

左右側板の繋ぎも、切り落とします。

Rimg4357

気を取り直して、次の工程に進みます。引き出しのレールです。

Rimg4424

引出の枠を作ります。

Rimg4647

引出フロントパネルの角を、手が触れても優しいように、丸く加工します。

Rimg4644

引出の奥に、ストッパーを取り付けます。これで加工は、すべて完了です。

Rimg4650

アクリル水性塗料、色はエボニです。

Rimg4759

引出の底板を、フィニッシュで固定します。

Rimg4761 

引出を入れてみましょう。良い感じです。

Rimg4762

傷が着かないように、養生して・・・・

Rimg4765

・・・・、階段をゆっくりと下ろします。

Rimg4768

お住いのマンションまで車で運んだらご近所さんが『アラ素敵・・・、ご主人が作ったの?』 『はい、指導を受けながら作りました・・・・』と、満足げな様子。

Rimg4769

部屋に運び込んで、上部と下部を繋いで出来上がりです。

Rimg4771

前回製作したキャビネットの横に、無事納まりました。お疲れ様でした。

Rimg4780

また家具が作りたくなったら、いつでも『くふう塾木工教室』にお越しくださいね。ありがとうございました。

2016年12月27日 (火)

『葡萄ランプの修理』、これもお願いできますか?

象嵌テーブルの修理をしたお宅の奥様、こんな修理もお願いされた。

Rimg4382 

葡萄ランプです。

Rimg4378 

取り付け部分がグラグラになっている部分を修理して・・・・

Rimg4379

・・・・、配線を新しいものに交換します。さて、ここからが問題です。どんなデザインのテーブルランプにしたらいいか、全部お任せしますとお願いされた。

Rimg3612

工業デザインなんて手がけたことが無いし、ましてや曲線なんて図面を書いた事も無い。まあアームの形はこんなもんだろうという事で、べニア板でテンプレート(型紙)を作った。

Rimg3648

次に、アームの中に電線を通すための溝を掘る為の、テンプレート(型紙)を作ります。

Rimg3653

こんな具合です。

Rimg3659

アームを切り出す前に、先に電線の溝を加工します。

Rimg3663

次に、アームの外形を切ります。自作テーブルジグソーが、大活躍です。これが無かったら、正確な加工は出来ない。

Rimg3682

今回さらに、木屑で切り線が見え辛いのを防ぐため、コンプレッサーの空気を吹き付けるようにした。ちょっとした改善は、随分と作業効率と加工精度を向上させてくれるものです。

Rimg3686

電線が入るアーム4本、もう一方が4本のアームを、切り抜きました。

Rimg3689

外側を、ベルトサンダーでさらに正確に加工します。

Rimg4004

心配事は、アームを貼り合わせてから、溝に電線が通るかどうかです。

Rimg4002

電線の出口付近の曲がりが少しき小さいけど、何とかなりそうです。

Rimg4011

接着剤が多すぎると電線の溝に滲み出て来るので、接着剤の量と塗る位置に気を使います。

Rimg4008

まあ、心配ばかりしてても仕方がないので、最後は思い切ってギュッと貼り合わせます。

Rimg4016 

4本のアームの、接着作業完了です。

Rimg4097

接着剤が乾いたら、合わせた部分の目違いを、さらにベルトサンダーで落とします。

Rimg4215

次にテーブルランプの台座を作ります。

Rimg4226

18mmの集成材円盤を、90°方向に2枚張り合わせます。

Rimg4223

アームと台座を接合する部分に、ビスケットジョイントの溝を加工します。

Rimg4231

アームの角を、トリマーで丸く仕上げます。

Rimg4268

台座の周囲を、ベルトサンダーで仕上げます。

Rimg4273

アームのルーターで焦げたところも、綺麗に仕上げます。

Rimg4277

組立準備、完了です。

Rimg4305

ここが、台座とアームの接合面です。

Rimg4312

小さなテーブルに、4台のランプ吊アームが並びました。

Rimg4310

もちろん、しっかりと直角は確認します。

Rimg4376

色はエボニの油性塗料です。

Rimg4457

配線を通してランプと結合して、スイッチとプラグを取り付けます。さあ、暗くなるのを待って点灯してみましょう。

Rimg4470

手前味噌ですが、なかなか素敵です。

Rimg4500

自信を持って、プレートを貼りましょう。

Rimg4505

ついでに持って帰って来たんだけど、こちらはちゃんとした台座があるので、ランプの取り付け部と配線だけ新しくしてやりました。

『4台同じものを作ってどうするんですか・・・?』ってきいたら、気に入ってくれたお友達や親戚に、プレゼントするそうです。古いものを大切に使い続けようとする気持ちがうれしくて、葡萄ランプ蘇生のお手伝いをさせていただきました。楽しかったです、ありがとうございました。

このテーブル、直るかしら・・・?

ご近所さんから、『お友達のお家のテーブルを直してほしいんだけど、お願いできるかしら?』という、電話を頂いた。一度テーブルを見ないと分からないので、とりあえず見に行きますとお返事して行ってみたら・・・・

Rimg1878_2

・・・・・、持って帰って直すことになりました。

Rimg1880

綺麗な、象嵌加工です。インドネシアかどっかの製品かも知れない。では、修理を始めましょう。

Rimg1882

裏返して見たら・・・・

Rimg1881

・・・・、脚が緩んでしまって、接着剤で修理した跡があります。もう使い物にならないので、取り除いて、新しい脚の座を作りましょう。

Rimg2196 

転びを付ける為に、鉋で削ってテーパー状の座を作ります。

Rimg2205

これ位で、行けそうですね。

Rimg2708

座の板を三角に切って、テーブルのコーナーに取り付けます。旋盤が無いので、脚はホームセンターで売っている、パインの脚を使用します。その足の取付金具です。

Rimg2408

脚には転びの角度が付いているので、ねじ込み脚が何処で止まっても良いように、足の裏を笠状に削ります。

Rimg2414

まあ、こんな位で良いでしょう。

Rimg2417

テーブルとしても座卓としても使いたいという事で、足の長さは2種類あります。では、脚を付けてみましょう。

Rimg2709

こんな感じになります。

Rimg2715

座卓仕様です。

Rimg2712

テーブル仕様です。さて納品です、喜んでいただけるかな?

Rimg4021

お届けしたら大層喜んでいただいて、『それならちょっと見てほしいテーブルがあるんだけど・・・・』

Rimg4023

座敷の大きなテーブルの、脚が取れてしまってる。こんな大きなテーブルを持って帰るのも大変なので、修理道具を取りに帰った。

Rimg4024

古い接着剤を削って、脚をクランプで押さえて接着します。

Rimg4019

さて翌日。クランプを外して、修理完了です。脚に負担のかからない移動方法をお伝えして、『かなり古い座卓ですね・・・・』と聞いてみたら、『私がこの家に嫁いだ時、既にかなり古い家具でしたよ・・・・』 古いものをいつまでも大切に使う、素敵な奥さまです。ありがとうございました。